リオネット補聴器品川区・大田区・目黒区・世田谷区で補聴器をお探しなら補聴器のリオネットセンター城南 大井町店・大森店・蒲田店・目黒店・三軒茶屋店にて、補聴器のご相談、販売、調整承ります。訪問制度あり
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店 リオネットセンター城南

TEL 03-3458-3311 FAX 03-3458-1233
営業時間 10時~18時 日曜・祝日・年末年始お休み
ご相談・ご予約・資料請求

取扱商品

総合カタログ

補聴器用空気亜鉛電池

リオネットセンター城南各店では補聴器用空気亜鉛電池(PR44、PR48、PR41、PR536)を864円で販売しております。
※メーカー希望小売価格(PR44 1,620円、PR48 1,296円、PR41 1,296円、PR536 1,620円)

リオネットの独自技術

リオネットが新たに開発した雑音抑制技術

雑音下での音声抽出能力が向上
雑音下での音声抽出能力が向上
これまでリオンの補聴器最上位モデルに搭載されてきた雑音抑制機能がさらに進化しました。
 
通常のノイズリダクションに比べ、騒音レベルの推定時間を早めることでより騒音に素早く対応できるようになっています。屋内から屋外へと静かな環境からうるさい環境に移動した場合に素早く対応して騒音を抑制します。
さらにFFNR+ではファストのFに加え、もう一つのFすなわち、Fine(ファイン)ノイズリダクションが搭載されております。このファインノイズリダクションは音声の特徴に着目して騒音だけを忠実に識別して騒音を抑制することができます。また、音の高さを分解する能力が従来よりも高くなったことで、これまで抑制が難しかった低い音の成分の騒音を落とすことができるようになりました。
 
  • デジタル補聴器の性能向上により、騒音レベルの推定時間を早めて素早く動作
  • 音声に含まれる時間的な変化に着目することで騒音を識別・抑制する精度が向上※1
  • 雑音抑制量の向上※1
  • 雑音の周波数成分の分解力が向上※1

日本の騒音環境に向き合い、騒音計開発なども行うリオン株式会社ならではの騒音抑制技術をこの小さな筐体にフィードバックすることで、皆様に心地よい生活音をお届けいたします。

※1 前モデルとの比較において。
 
 

日本語の聞こえにこだわった補聴技術

SSS Speech+の動作比較 「歌声(うたごえ)」
SSS Speech+の動作比較 「歌声(うたごえ)」
人の聞こえは、雑音の多い場所では周りの音に影響されて聞き取りが低下します。感音難聴になりますとその聞き取り能力が更に低下することがあります。

「声は聞こえるけど何を言っているのかわからない」

その背景には感音難聴特有の周波数選択性能力の低下(様々な音の中から必要な音をピックアップする力の低下)が確認されています。
現在、様々な補聴器メーカーが雑音抑制機能を開発して補聴器に搭載しておりますが、特に感音難聴者に現れる周波数選択性の劣化に対応する技術は用いられていませんでした。
リオネット補聴器は2000年より周波数選択性の低下に関する研究を開始、その研究成果を学会等で発表を行い2015年ついに、日本語を形成するすべての周波数に対応した補聴器の開発・販売に成功します。

SSS Speech+と名付けられたこの技術は、補聴器に入力される日本語をリアルタイムに解析し、その特徴をより際立たせるために音の周波数スペクトル加工(独自のアルゴリズム処理)を行うことで日本語会話の改善に貢献します。
リオネットの研究開発の成果を、私たち現場の専門員が知識と技術で、また心を込めてフィッティングすることで、お客様と共に「喜び」を分かち合えるものと考えております。

 
日本語にこだわった補聴技術 開発者インタビュー SSS Speech+ 特設サイト

開発者インタビュー/搭載補聴器

世界初IP65/IP68を同時取得した防水技術

 
リオネット防水補聴器スプラッシュ

水の噴流に対する保護と、継続的浸水に対する保護の二つを同時取得した世界初の多用途型防水補聴器です。
1986年には世界初の防水補聴器を完成させるなど、日本初・世界初の防水技術はリオネットと共にあると謳っても過言ではありません。是非、試聴期間中はこのスプラッシュを着けてシャワーを浴びてみてください。
 

日本人の耳に合わせる!小さく作る!高精度3D測定により作られるオーダーメイド補聴器

ひとりひとりの耳の形に作られるオーダーメイド補聴器は、高精度三次元測定を行う生産システム「リオネット夢耳工房」で作られます。
内部ユニットの配置最適化により製品形状の小型化などが行われ、快適で使いやすい形状に作り上げる技術は、多くの日本人の耳を知るリオネットならではのノウハウです。

リオネット補聴器史上最少となるスーパーミニカナール「極」は、この高精度三次元測定システム夢耳工房で生成されたのち、製造マイスターの手作業工程を経て完成するオーダーメイド補聴器です。
フェースプレートの新設計や部品・プリント基板などの小型化をはじめ、マイク音口とマイクの配置の自由度を高めるリオネット独自の超小型設計が、目立たない補聴器装用を実現しています。
  • 対象機種:
リオネットマジェス リオネットマジェスC
リオネットマジェスV
リオネットプレシアⅡ リオネットプレシアV
 

扱いやすさと小型化の両立を実現 ”おまかせ回路”

補聴器の動力源となる空気電池は丸い形状をしていて、プラスとマイナスが分かりにくく、間違えて補聴器に入れてしまうお客さまがいらっしゃいました。
プラスとマイナスを逆に入れてしまうと、動作しないだけでなく故障の原因にもなります。
特に高齢の方は、視力や手先の動作も弱ってくるため、決まった向きに電池入れることは簡単ではありません。

そこで、「もっと気軽に電池交換ができるように」と、リオネット補聴器は「おまかせ回路」という機能を開発し、電池をどちら向きに入れても動作するようにしました。
これによりお客さまから大変楽になったというご意見が多く寄せられ、販売店の方からもご好評いただいています。
「おまかせ回路」はリオネット補聴器が独自に開発した機能であり、高齢社会に補聴器を普及するためには必須のものです。