リオネット補聴器品川区・大田区・目黒区・世田谷区で補聴器をお探しなら補聴器のリオネットセンター城南 大井町店・大森店・蒲田店・目黒店・三軒茶屋店にて、補聴器のご相談、販売、調整承ります。訪問制度あり
文字サイズの変更
配色の変更

認定補聴器専門店 リオネットセンター城南

TEL 03-3458-3311 FAX 03-3458-1233
営業時間 10時~18時 日曜・祝日・年末年始お休み
ご相談・ご予約・資料請求

Q1補聴器にはどのような形がありますか?

A1大きく分けて3種類です。
  • 耳の中に入れる、耳あな型
  • 耳の上に掛けるタイプの、耳かけ型
  • コードでイヤホンを伸ばして使う、ポケット型

メガネをかける方、マスクをされる方、取扱いが簡単な補聴器を希望される方には、耳あな型補聴器がおすすめです。
お耳の中の形も個人差が大きい上に、不快なピーピー音を防ぐ目的で、お耳の型を採ってお作りするオーダーメイド耳あな型がおすすめです。

耳かけ型は、その名の通り、お耳の上にかける補聴器ですので、汗の多い方は、防水タイプを選ばれることをおすすめします。
耳栓の素材が柔らかいものが多いので、実際の装用感を軽くできるのも魅力のひとつです。(聴力状態によって不可の場合あり)

ポケット型は、その大きさやコードの取り回しに不便な場合もありますが、昔からご愛用されている方には欠かせません。

Q2とにかく目立たない補聴器はありますか?

補聴器を装用しています。お気づきですか?
補聴器を装用しています。お気づきですか?
A2耳あな型オーダーメイド補聴器、スパーミニカナール「極」がリオネット最小の補聴器になります。

←の写真で、補聴器を装用しているとお気づきになりましたか?

お顔と同じで、お客様によってお耳の大きさ・形状・聴力状態は異なります。
詳しくは、弊社専門スタッフがご確認させて頂いた後にご案内いたします。

Q3補聴器は雑音が多いと聞きますが本当ですか?

A3
どういう雑音なのかによってお答えが変わります。

①補聴器装用中のピーピー音(ハウリング)の場合

よくある事例では、
 
  • 会話など口が動くことで、お耳の中が動き、結果として補聴器とお耳の間に隙間が発生し、ピーピー音が鳴るケース。
  • ご病気などで、体重が変化した際に、お耳の中も痩せてしまい、隙間が出来ているケース。
  • 補聴器の装用が上手くいっていないケース。
  • ご自身で音量を大きくし過ぎているケース。
  • お耳の奥に耳垢が溜まっていて壁になっているケース(耳鼻科での受診が必要)

がございます。
一度、店舗の専門スタッフにご相談頂くことをオススメいたします。

②車や食器の音などの場合

お客様個人により、補聴器を着けた際の音に対して煩がる感覚は異なります。
ご来店頂ければ、お使いの補聴器に搭載されている、音色の調節機能の範囲で調整させて頂きます。
その際に注意しなければいけないことは、健康な方が煩いと思う音は、補聴器装用者も煩く聞こえる必要があるということです。(車や電車の音が聞こえないと危険を察知できなくなります)
店内の測定機器を駆使して、可能な限りの調整をさせて頂きます。
 
最新の補聴器は、数秒以上続く一定音は雑音と判断し軽減する機能がありますし、製品によっては、非常に細かく周波数(音の高さ)を区切って調整できるものや、突発音自体を柔らかくできるものもございます。
   

③複数人の会話での周囲の音の場合
 (外食時や、屋外での会話等)

a.片耳装用でお困りの場合1(両耳とも同じくらいに低下している事例)
健康な方は、両耳とも同じくらいに聞こえているため、対象となる音源との距離を左右のお耳それぞれで計り、自分の頭を中心として、左右での音源との距離の違いから方向感をとっています。
音源(会話音や雑音)が複数ある時は、それぞれの音源の方向を感知し、脳と聴神経が連動して、自分の聞きたい音と聞きたくない音の取捨選択を行いつつ聞き取りも行っています。

特に加齢性難聴の場合、聴力の低下に伴い、音を取捨選択すること自体が苦手になっています。
両耳とも同じくらいに低下している方が、片耳のみ補聴器を装用した際に、片耳のみ聞こえが改善していますが、もう片方は今までの状態(難聴)のため、上記の方法では音をとらえることが難しくなっています。
特に、視界の範囲外から突然話しかけられたり、雑音が入ってきた時に、方向感が無いと、ご本人の中では、単に音が集まるだけで、どのように処理(取捨選択・聞き取り)をしてよいかが難しくなります。
周りの方は、目の情報が使える正面や補聴器を装用しているお耳の方から話しかけるなどの配慮が必要になります。
お出かけや会合等が多い方は、両耳装用の方がメリットは大きいとも言えます。
   
b.片耳装用でお困りの場合2(左右で大きく聴力に差がある事例)
聞こえの状態の左右差によって選ぶ補聴器の選択枝も変わりますので、一度お店にご相談ください。
   
c.両耳装用でお困りの場合
初めての方の場合は、世の中の様々な音を聞くこと自体が久しぶりですので、体が慣れるまでに時間がかかります。
健康な方が当たり前と思う音も、久しぶりに聞く方には新鮮ですが、少しびっくりしている感覚の方が強いでしょう。
音を聞くことに慣れるのに時間がかかりそうな方の場合は、お時間は頂きますが少しづつ調整する必要があります。
最近の補聴器は、雑音制御等の技術の進化が目覚しいものですが、「聞きたい音だけ大きくするもの」ではありません。
それを判断するのは、装用されるご本人の体です。
ご本人には、少しづつ「音を聞く」ということに慣れて頂いた後に、音色の調整を行うことで結果的に聞き取りを改善する方法もございます。
 
 

Q4補聴器の寿命はどれくらいですか?

A4お使いの方の汗やお耳の中の湿気、扱い方によって変化します。
肌に直接触れる補聴器は、ご使用者の汗やお耳の中の湿気によってダメージを受けます。
ちなみに障害者総合支援法における耐用年数は5年が目安とされています。
もちろん、定期的なメンテナンス(だいたい3ヶ月に1度)にお持ち頂いている方はもう少し補聴器の寿命も長くなります。
弊社では、補聴器の点検・清掃・乾燥は無料にてさせて頂いておりますので、ご利用頂いた方がお客様にとってお得なことは間違いありません。

Q5補聴器の片耳装用と両耳装用はどのように違いますか?

両耳装用だと左右からの問いかけにも反応しやすい
両耳装用だと左右からの問いかけにも反応しやすい
補聴器を着けていない側の問いかけは<br>振り向いてもらえないこともある
補聴器を着けていない側の問いかけは
振り向いてもらえないこともある
A5両耳装用と比べると片耳装用には、ご本人・周囲の方の配慮が必要になります。
 
配慮して欲しい事柄
  • 本人の正面か、補聴器を装用している方向から話しかける
  • 突然話しかけた場合は、目線が合ってから内容を話す
  • 3人以上の会話時は補聴器を装用している方向に会話の相手を誘導する

健康な方は、両耳とも同じくらいに聞こえているため、対象となる音源との距離を左右のお耳それぞれで計り、自分の頭を中心として、左右での音源との距離の違いから方向感をとっています。
音源(会話音や雑音)が複数ある時は、それぞれの音源の方向を感知し、脳と聴神経が連動して、自分の聞きたい音と聞きたくない音の取捨選択を行いつつ聞き取りも行っています。
両耳とも同じくらい低下している方で、補聴器を片耳装用した場合は、補聴器を装用しているお耳とそうでないお耳との間に感度差が発生するので、健康な方が当たり前に行っている方向感の感覚がつかみにくくなっています。
その状態では、無意識に情報を求める人間の体は目の情報に頼る傾向が強くなりますので、ご本人の目の前または補聴器を装用している方向から話しかけいく配慮が、周りの方にも必要になります。
装用者が自分で聞こえる方向を限定しにくい複数人の会話や会合の聞こえにお悩みの方、突然の話しかけの聞き取りにお悩みの方は、両耳装用の方が聞こえの改善もしやすくなります。

Q6電池はどれくらいもちますか?

A6補聴器の大きさ・種類・装用時間によって期間は異なります。
「なるべく目立たないもの」と希望されるお客様のニーズに合わせて、最新技術を駆使して補聴器は小型化・高機能化を図られている関係上、補聴器自体の大きさに比例して使用可能な電池も小さなものを採用せざるをえない事情があります。
概ね5日~20日程度とかなり幅のあるお答えになります。
補聴器が小さくなればなるほど電池が小さくなりますので、その分電池のもちはよくないとお考え頂くと分かりやすいかと思います。
時計とは異なり、補聴器の電池は一般の方でも簡単に交換が可能です。
しかし、耳かけ型補聴器や耳穴型補聴器は空気電池を使用するため、扱いにはちょっとしたコツがありますのでご注意ください。

Q7補聴器の価格はどうして違うの?

A7
補聴器を装用した際に、聞こえを向上させる機能に加えて快適性を向上させようとするために価格が異なります。

その方の難聴の状態に合わせて、補聴器を調整し、聞こえを向上させていくのですが、聞こえを向上した際の音の感じ方は人それぞれ異なります。
難聴者の立場でいうと、補聴器を装用した時としていない時とで、音の世界が変わる訳です。
健康な方は、常日頃から「様々な音を聞く」という行為に慣れていますが、突然でない限りは難聴は時間をかけてなっていくものですので、「様々な音を聞く」という行為を十分に行えていない状態になっています。
特に感音性難聴の方は、「聞き取る」という作業が苦手になっているので、健康な方が当たり前と思う音についても久しぶりに入る音なので、混乱し、結果として不快に感じるのです。
最近の補聴器は、装用者が不快に感じないようにしながら、聞こえを向上させることを目的に開発されています。
当然、その内容によって価格も異なってきます。

しかしながら、実際に補聴器を装用した際の感じ方は、人それぞれですので、一概に高価なものがいいとも言えない点もありますので、一度試されてから選ばれることをお勧めしています。
 

Q8補聴器を使うと耳が悪くなることはないですか?

A8医療機器である補聴器は、使う方の聴力に合わせて、聞こえにくい小さな音は大きくし、お耳に有害な過大音は抑制するように調整するものです。
もちろん調整を行うのは、私達専門スタッフが行います。
お耳の病気、加齢などの身体的理由により聴力が低下する場合は、補聴器が原因ではないと存じます。

Q9補聴器をプレゼントしたい場合はどうしたらよいですか?

A9「プレゼントをしたい」と思う気持ちは大変素晴らしいことと思いますが、まずは耳鼻咽喉科での受診をされた上で補聴器専門店にご本人とご一緒に来店されることをお勧めしています。

Q10補聴器は健康保険の適用になりますか?

A10残念ながら、健康保険(または介護保険)での適用はございません。
障害者総合支援法により、補聴器購入の助成制度がございます。
詳しくは、お近くの自治体(福祉事務所または区役所の障害福祉関係課)までお問い合わせ下さい。

Q11補聴器と集音器は何が違うの?

A111万円台で購入できて良く聴こえると書かれている新聞広告を見たことはありませんでしょうか?
補聴器専門店舗に行ってみるとお値段に驚かと思います。
インターネット・新聞広告などで目にするものは一見補聴器に見えますが、実は補聴器ではないかもしれません。

補聴器とは・・・
  1. 厚生労働省の厳しい審査を通過して、医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律(通称:医薬品医療機器等法)で定められた管理医療機器(クラスⅡ)であり管理者設置の義務等、人体に影響がある医療機器であるために厳密な制約があります。
  2. 通信販売ではなく、技能者が対面で個人個人の聞こえの症状に合わせた調整が可能
  3. 購入後もメンテナンスや聞こえの変化に伴い再調整可能


集音器とは・・・
  1. 家電製品の部類である
  2. インターネット・通信販売・家電量販店・メガネチェーン店等で入手できる
  3. 使用者の聴力に合わせていない
  4. 購入後も調整できない
  5. あくまでも集音を目的として難聴者向けに作られていない
  6. 特別な制約は無いために誰がどこで販売しても問題はない

集音器は医薬品医療機器等法の医療機器認定を受けていないので健康被害を引き起こす可能性があります。
また、個人個人の聞こえに合わせて調整が出来ないので期待していた効果が得られない可能性があります。

ぜひ認定補聴器専門店「補聴器」をお求めください!

Q12初めて補聴器を装用した時にどういう風になれば良いか知りたい

A12下記の条件下で聞き取りが改善すれば、まずは合格点です。
①キチンと装用・操作ができるようになりましょう。
キチンと装用していないと補聴器も能力が発揮できません。

②静かな環境で1対1の対面の会話が改善されているか確認しましょう。
ご自宅内などの静かな環境の中で、1対1の対面の会話が改善されているか確認しましょう。
※周囲の方も正面から話してみましょう。
※ご自身の周りにあるテレビなどは音量を絞ってください。

③NHKのニュースを見ながら未装用時に比べてテレビの音量が小さくなるか確認しましょう。
普段テレビを見ている場所で、NHKのニュースを見てみましょう。
※まずは訓練された声が聞き取れるか確認しましょう。

④ご自宅などの静かな環境音に慣れてきたら外出してみましょう。
今まで聞こえなかった世の中の音を聞きなおしてみましょう。
気持悪くなるくらい煩い場合はお店で調整してもらいましょう。

⑤3~4名の少人数の会話の改善具合を確認しましょう。
※補聴器を装用する方の語音明瞭度・補聴器の機能から難しい場合があります。